NIKKA TECHNO, INC.

環境への取り組み

私たちの最重要課題「環境」「安全」のために。

環境理念

ニッカテクノは地球環境保護を、製品の品質向上と費用高効率を志向する経営理念と同様に、企業の取り組むべき重要課題のひとつとして考えております。

環境方針

地球環境保護に対する社会の関心の高まりとともに、工場の生産活動に伴う環境負荷の低減だけでなく、 製品そのものの環境配慮への取り組みが企業の社会認知や競争優位性、ひいては企業生命をも左右するまでに重要になってきました。 ニッカテクノは地球環境保護を、製品の品質向上と費用高効率を志向する経営理念と同様に、企業の取り組むべき重要課題のひとつとして考えております。

ニッカテクノと致しましては、下記内容に重点を置き日々環境保護に努めております。

製品と環境保護の関わり

  1. CO2排出量の削減 →省エネ活動
  2. 廃棄物の削減 →省資源、リサイクルの促進
  3. 揮発性有機化合物(VOC)の排出低減 →VOC排出処理装置の設置
  4. 土壌、地下水汚染の調査、浄化 →有機化学物質の管理
  5. 環境配慮生産技術の促進 →環境にやさしい技術の適応

製品と環境保護の関わり/環境配慮製品設計の促進

フロン回収破壊法対応
特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律
オゾン層保護法対応
特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律
RoHS指令対応
電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令
化審法対応
化学物質の審査および製造等の規制に関する法律
原子炉等規制法対応
核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律
ドイツ日用品規制対応
特定アミン類を生成するアゾ染料を含む日用品(アゾ顔料含む)の製造、輸入、販売の禁止の規制
環境ホルモンの疑いのある物質の使用禁止
ダイオキシン類やPCB類の他、フタル酸エステル類(プラスチック可塑剤)、アルキルフェノール類(界面活性剤原料等)、ビスフェノールA、数十種の農薬類等
FDA使用禁止物質の使用禁止
FDA・・・Food and Drug Administraionの略。米国食品医薬品局。日本の厚生労働省に該当する。
ダイオキシンの発生の恐れのある物質の使用禁止
VOC対策
脱臭装置

脱臭装置

VOC・・・Volatile Organic Compoundsの略で揮発性有機化合物のことです。 WHOでは,大気中に気体で存在する有機化合物のうち沸点が50℃~260℃の物質の総称と定義されています。 光化学大気汚染をもたらす主要な原因物質である, 浮遊粒子状物質及びオキシダントの生成に関与しています。

労働安全衛生法対応
労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的に施行された法律
▲ページトップへ戻る
株式会社ニッカテクノ/NIKKA TECHNO,INC.
本社・工場:〒601-8177 京都市南区上鳥羽馬廻し5番地/TEL.075-671-3344 FAX.075-691-7374
吉祥院工場:〒601-8351 京都市南区吉祥院這登西町41番地/TEL&FAX.075-671-0308
久御山工場:〒613-0036 京都府久世郡久御山町田井新荒見86番地1/TEL.0774-44-3598 FAX.0774-43-7498

IHMA:InternationalHologramManufacturersAssociation(国際ホログラム製造者協会)加盟
©NIKKA TECHNO,INC.